おすすめの英語絵本

おうちえいごに取り組むにあたって、とても大事な要素が

英語絵本に親しんでいく→英語絵本が読めるように育てることです。

 

なぜ英語絵本が大切なのか?

絵本に取り組んでいくメリットは本当にたくさんあります。

英語絵本に取り組むメリット

①字が読めるようになる

②英語のいろんな表現が身につく

③音声付きのものを選べば正しい発音も身につく

④本が好きになる

⑤記憶力がよくなる

⑥感性豊かに育つ

 

などなど。

日本語の読書を思い浮かべてみると分かりやすいです。

 

昨今、子どもたちの国語力の低下が叫ばれていますが

国語力の低下は読書量の低下に比例するといわれています。

 

一般的に、本好きな子は国語が得意です。

英語も同じ言語なので、基本的な原理は同じ。

英語の絵本をたくさん読めば、後には長文が読めるようになり

英検や大学受験にも断然有利になっていくわけです。

英字新聞や英語の文献まで読めるとかっこいいですよね!!!

なので、英語絵本の多読からスタートし、英語の読解力、

すなわち、英文を読んでその場面がイメージできる力

が身につくところまでを目指していきましょう!!

 

さて、ではどんな英語絵本が適しているの?ということですが

まずは

簡単、短い、絵を見れば内容が分かる

ものからスタートしましょう。

何故かというと、最初から分からないものにチャレンジすると

劇的にやる気がなくなります。長続きしません。

簡単なもので、ちょっとがんばったらできる!!を目指しましょう。

 

英語多読初期おすすめ絵本の条件

・簡単

・短い

・内容が分かりやすい

・繰り返しが多い

・音源がついている

 

では、英語初期おすすめのものを、セット絵本から紹介していきます。

 

英語の暗唱におすすめのセット絵本

Sight Word Readers

活字になっている単語の中で最も使用頻度の高い50語を学べる、小型のかわいい本を25冊集めセット。動物、夕ご飯、乗り物、パーティーといった、子どもが大好きなトピックを取り上げた楽しいお話で、どの本も繰り返しのフレーズが多くて初めてでも読みやすくておすすめです!!!私も英語絵本が初めての方にはこのセットからおすすめしています^^

Guided Science Readers A

小さい絵本15冊、アクティビティブック1冊、ガイド、ごほうびシール、CD付。

(販売形態によってはCDが付いていないものも有)

こちらは短い英文ながら、いろんな写真を通して生物や

自然について学んでいけるシリーズ。セットとはA~Dまであり

徐々に文が長くなっていきます。

写真もすごくきれいで目を引きます。英語で理科が学べるなんて、

素敵ですよね。Aはサイトワードリーダーズより簡単な本が多く、

何しろ写真がわかりやすいので、開始年齢が早かったり、生き物好きなお子様

にはこちらをおすすめしたりもしています。

 

Nonfiction Sight Word Readers Level A


こちらは実際の写真を使って、25の基本サイトワーズの習得を目指している絵本セット。

絵本26冊、ごほうびシール、アクティビティが載っている小冊子、CDも付属で

2000円台というのは金沢いお買い得です!!

出版は2015年。写真も分かりやすく、現代風の絵本なので子どもたちの興味を引きます!!

イラストが好きな方は一番上のサイトワードリーダーズを、写真が好きな方はこちらの

ノンフィクションサイトワードリーダーズがおすすめです!!

 

High Frequency Readers


絵本18冊、サイトワーズ(このセットではハイフリークエンシーワーズ:頻出単語 と呼ばれている)のカード、CDのセット。

何しろ、絵と文章が分かりやすい!!

後半は文も2行になり少し長くなるので、レベル的にはsight word readersを終了したお子様向け。

写真の絵本もあればイラストの絵本もあり、飽きません。

ちなみに、一時期英語嫌い、絵本嫌いに陥った我が子を救った絵本セットが

こちらでした。子どもたちも興味を持って読むことができます!!

 

 

Oxford Reading Tree


英語多読の王道と呼ばれるオックスフォード・リーディングツリー。

Biff, Chip, Kipperのメインキャラクターたちがお話の中に登場。

それぞれの話にオチがあり、次第に成長していく姿が見られるのが魅力です。

世界中で愛用されている絵本シリーズだけあります!!

ネックなのは、そのお値段。。。

近所の図書館などで貸出されていればすごくラッキーかもしれません。

ちなみに岡山県立図書館には置かれています★

 

 

CTP絵本シリーズ

ORTに並ぶ、世界で相変わらず要されている老舗絵本シリーズ。

science, math, fairytalesなどのカテゴリーに分かれていて、好きな

カテゴリーから読んでいくとよいでしょう。

 

セット以外のおすすめ絵本

 

Excuse Me!

 

Excuse me, I’m sorry, Yes, please!, No, thank you. など

身につけてほしい英語フレーズが学べます。

絵も字もわかりやすく、カバーをめくる仕掛け絵本でもあるので

子どもたちの食いつきも◎。

Brown bear, Brown bear, what can you see?

 

幼児英語では言わずと知れたエリックカールの定番の絵本。

CD付きのものもあります。Brown bear, brown bear, what can you see?

I see a yellow duck looking at me.

ページをめくるたびに違う色の違う動物が出てきて、太字部分が変わっていきます。

リズムよく読んでいき、色と動物が学べる絵本です。

Peek a Moo!

いないいないばあの動物バージョン。

仕掛けをめくるとその動物の鳴き声が出てきます。

英語での動物の鳴き声は日本語とは違っていて、その点も面白い。

子どもたちも大好きな絵本です。

Beautiful Butterfly

アプリコット社のCD付き絵本。

付属CDには、朗読の他、この本を題材にした歌も入っています。

絵も綺麗で内容も分かりやすいです!

この絵本は「色」がテーマです。

 

Teddy Bear

こちらもアプリコット社のCD付き絵本です。

ゴミとして捨てられ、バラバラになってしまったテディベアの体のパーツを

戻していってあげるお話です。絵がとっても可愛い。

ついている歌もリズミカルで一緒に踊れます^^

 

Me, Myself

 

アプリコット社のCD付き絵本からもう一冊。

この本のテーマは「家族」と「気持ち」です。

 

Where’s Spot? シリーズ

日本語では「コロちゃん」シリーズとして出ています。

スポットの絵本はしかけ絵本になっているものも多いです。

小さい子はとにかくしかけをめくるのが好きですね!

Where’s Spot?はシリーズの中でも内容が分かりやすく、また

場所の言い方(under, behind, inなど)が学べるのでおすすめです!

 

英語はいろんな方面から触れていくと、より子どもたちに

馴染み深いものとなっていきます。

こちらの記事もどうぞ!

http://www.ouchieigo.net/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%AB%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A4youtube%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です