中学生・高校生のおうちえいご

中学生、高校生ともなると、学校でもたくさん英語の授業が入ってくるので
英語学習を避けて通るわけにはいかなくなります。

ここまでにある程度、英語の読み書きができるようになっていれば
結構楽に進むのですが、そうではない人が大多数です。今まで小学校で
本腰入れて英語をやってたわけではないですから、仕方ないですよね。

2020年度以降は状況もだいぶ変わってきているかもしれませんが。

ちなみに、新しい学習指導要領によると2020年度からは中学・高校の英語の授業は英語で教えるように。。
さて、そこまでできる先生が実際何割いるだろうか、、
などと思いながら

とにかく、言えることは

英語はやっといた方がいい!!!!!

じゃあ、何をすればいいの?

ってとこなんですが

簡単なところで言うと

教科書をとにかく繰り返し音読して丸暗記

がおすすめです。

だってね、テストもあるしね、学校のこともやってた方がいいからね。

ポイントは

 

繰り返し、音読、暗記

 

です。

なんでって、

 

数回読んだだけでは使えるレベルにはならないよ。

音読しないと発音練習もできないし、口から出す練習なしに

話せるようにはならないよ。

覚えた!ってレベルまで行かないと実際の会話では使えないよ。

 

ちなみに、私は高校2年生の時から

教科書音読丸暗記法(勝手に命名)を始め、

テスト前に実践することで

いきなり英語の成績がググっとよくなりました。

 

高校では国際文化科という、英語に重点を置いたクラスに在籍しており

クラス内の4分の1は帰国子女

他の生徒も、学区を超えて受験して入ってきているクラスで

それまではいつも英語は中くらいの成績だったのですが

 

教科書音読丸暗記法を始めてからというもの、

クラス内での英語の成績はいつも3位以内をキープするようになりました。

 

私の勤めていた英語教室でも

教室創始者の方はラジオ英会話を丸ごと覚えていって英語を身につけたとのこと。

 

英語を話すのって、スポーツと同じで練習がいるんです。

口からちゃんと声に出す。

その下地ができてからなら、英会話もスムーズにできるんです。

 

日本の英語教育は、話す練習をほとんどせずに

文法やら意味やらの説明ばっかしているから、結局ほとんどの人が

英語使えないままなんですね。

あんなに英語学習に長い時間を費やしながら!!

 

あ、すみません。

英語公教育についてなんかグチってしまいましたが

ほんとのことです。

 

さて、話を本題に戻しまして

 

中学生、高校生ならば教科書を何度も繰り返し音読して、覚えてしまいましょう。

その際には、正しい発音を身につけるために、

教科書ガイドCDなどを使って必ず音声を聞き、真似してください!!!

カタカナ英語で覚えても伝わらないので。。。

 

教科書ガイドCDはamazonで検索すればすぐに出てきます。

 

教科書音読丸暗記はいやだな、もっと別の方法はないかな?

というあなたは

 

教科書でなくてもよい。

 

例えば、自分に合ったラジオ英会話番組とか

市販の本で気に入ったものでよいので

 

とにかく覚えるくらい音読すること

(=野球でいう素振りをしっかりすること)

 

が何よりも大事です。

 

その上で、しゃべる練習がしたい!となったら

気軽に家でできるオンライン英会話にどこか登録して

実際に会話として英語を聞く・話す経験を積んでいきましょう!

 

最近はほんとにいろんなオンライン英会話がありますね。

月額6,000くらい払えば受け放題とか、毎日受けられるとか

すご~い!!と感心。

もし時間があるのであれば毎日とか受けたらすごい話せるようになりそう!!

 

受け放題のネイティブキャンプ、毎日受けられるレアジョブ、Kiminiなど。

教材やレッスンスタイルはそれぞれ異なるので、そちらについては

また他記事にてまとめたいと思います^^

Author: konoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です