半分に切る、は英語で何と言う?

メルマガ第7弾は実物を切ってみました↓↓

今回は普段の生活の中でしていることを英語で言ってみましょう。
野菜や果物、ケーキなどを半分に切ることってよくしますよね。
それを英語を添えながら行います。

ナイフは危ないので、大人の方がやっているところを見せてあげましょう。
その後おもちゃなどでやってみると楽しいですよ。

動画の視聴はこちらから↓

「半分に切る」は cut in half

折り紙などを「半分に折る」のは fold in half

でしたね。

ちなみに、半分が2つあると two halves

丸ごと一個は、動画では登場しませんが whole

といいます。

「ホールケーキ」
「ホールトマト」

のホールはwhole から来ているんですね。

<編集後記>

今回は、実際に果物を切って中身を見ています。
お子さんが小さい頃から野菜や果物の中身、
切る前と切った後の香りの違い、感触など
五感をたくさん刺激してあげるといいですよ♪

映像と生のものはインパクトが違います。
なるべく本物を見せてあげましょう。
子どもたちは無限の可能性を秘めています。
幼い頃の刺激が子どもたちの可能性を広げます。
英語や音楽も聴覚刺激。
ぜひ幼いころから触れさせてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です