英語教室★英語レッスンの流れ(幼児クラス)

今回は、私の英語教室ではどんなことをしているのかご紹介します♪

毎回いろんなことをレッスンで行っていますが、それぞれ、きちんと意味を持って取り組ませていただいています。

なお、小学生向けのレッスンと幼児向けのレッスンでは、年齢の特性に応じたことを行うために、使用するテキストが異なります。また、レッスン内容も部分的に変更しています。

小学生クラスの内容についてはまた改めて書かせていただきますね^^

 

レッスンの流れ

 

①あいさつ

②出席、簡単な自己紹介、質問など

③カレンダーチェック

④深呼吸

⑤あてっこゲーム、記憶ゲームなど

⑥目の運動

⑦フラッシュカード

⑧フォニックス

⑨絵合わせゲームや単語作りパズル

⑩テキスト

⑪プリント

⑫手先を使った取り組み(お絵描き、粘土遊び、折り紙など)

⑬絵本

⑭体を動かす系の歌

⑮おわりの挨拶

 

クラスの雰囲気や、その時したい取り組みにかかる時間によって

必ずしも全部ができるわけではありませんが、だいたいこんな感じでレッスンを進めています。

書き出してみたら、結構いろいろしていますね(笑)

では、それぞれの取り組みの意義についてご紹介。

 

個々の取り組みが持つ意義

 

①あいさつ

毎回決まった挨拶をしています。

そうすることで、子どもたちも自然にそのフレーズを覚えて、一緒に言ってくれるようになります。

小学生のクラスではお当番のお友達にこの挨拶をしてもらっています。

 

②出席、自己紹介、質問

名札を使い、アルファベットのつづりを確認しながら出席を取っています

だんだん一緒に読めるお友達が増えてきました!!名札を机に置いておくと

「あ、今日はここだ~」と自分で見つけて座ってくれています^^

 

出席確認の後、What’s your name? How old are you? What fruits do you like?

などの簡単な質問をしたりします。ここはクラスの雰囲気や慣れ具合によって変えています。

 

③カレンダーチェック

大きいカレンダーを使って曜日の歌を歌ったり、今日の日付、季節、天気の確認をします。

日付探しではいつも go down down down…. go up, up, up,,,と言いながら子どもたちに

今日の日付でstopを言ってもらいます。

季節や天気の所では Is it winter? Yes, it is./ No, it’s not. とカードを見せながら

答えてもらっています。私ばかりが進めるのではなく、子どもたち参加型で日付や天気をチェックすることで、子どもたちもぐぐっとレッスンに集中してくれます

 

④深呼吸

子どもたちの集中力を高めたり、気持ちを落ち着かせるため

いつも深呼吸をしています。

吐くときには悪いものが外に出ていくよ、吸うといいエネルギーでいっぱいになるよ~

というとみんな素直に真似してやってくれます。

深呼吸の後はおだやかな雰囲気になります。

 

⑤あてっこゲーム、記憶ゲーム

どっちに入っているかな? いくつ入っているかな?

と、あてっこ遊びでは子どもたちの直感を刺激します。また、ここでよく

上下・右左・前後などの空間認識や順序、比較といった基礎概念に触れるようにしています

 

記憶ゲームではおもちゃをコップに順番に隠していって一番目は何だった?

記憶力を刺激する&物の名前が英語で出てくるように導きます

 

⑥目の運動

目を上下左右、斜めや円に動かしていってもらいます。

目をこうして動かすことで、視幅が広がり、一目でキャッチできる情報量がアップします

ここでは手持ちのいろんなグッズ(果物・野菜・動物などの模型、文房具、乗り物など)を順に目で追ってもらい、その名前も英語で言うように導きます。

この後よくするWhat’s missing? (何がなくなった?)や、what’s different? (どこが変わった?)ゲームはいつも盛り上がります^^

 

⑦フラッシュカード

曜日・月・アルファベット・数・時計・果物やスポーツといったカテゴリー別カード

反対語・会話フレーズ・フォニックスのカード

などをリズムよく子どもたちに見せていきます。

ここでいろんな言葉をまとめてインプットしています。

慣れてきたらリピート、さらに慣れてきたら同時に言ってもらいます。

結構早くカードをめくるので、これで分かるのでしょうか?と聞かれることもありますが

子どもたちはよく集中して見てくれています。

Which is ~?とクイズを出したりもします。字が読めるようになってきたクラスでは

字の方でクイズをするのですが、正解率が高くなってきました!

 

⑧フォニックス

フォニックスとは、アルファベットの読み方のことです。

あるサイトで、アルファベットの鳴き声ですよって言っていて

のその方が分かりやすいかもしれませんね。

 

日本語だと、ひらがなやカタカナが分かるようになれば、意味は分からなくても読めるようになります。それは、ひらがな・カタカナ一つの文字には一つの音しかないからです。

でも、アルファベットを覚えたからといって、英単語を読めるようにはならないのです。

 

つまり、Aというアルファベットは

「エイ」とう名前だけれど、実際単語として使われるときは

「ア」(この「ア」は日本語の「え」の口をして「あ」と発音します)

と読むわけで、appleは「エイプル」ではなく「ポ―」

なわけです。

 

このアルファベットの読み方=フォニックスをマスターすると

英語の70%くらいは読めるようになります。フォニックスのルールに沿わない例外単語もあるから100%ではないんですね~。

とはいえ、70%も初見で読めるようになり、音を聞けばそれが書けるようにもなるわけで、フォニックスを知っているかどうかでかなり読み書き能力は変わってきます!!

ちなみに、英語圏では5,6才から幼稚園や学校でもフォニックスを学び始めます。

レッスンではA~Zまでの文字付き絵カードをリズムよくリピートしてもらっています。

慣れたお友達は私と同時に言ってくれています!

 

また、フォニックスカードの後に、ABCバッグや

お絵かきボード/ホワイトボードを使ってフォニックス音クイズをしています。

当たった時の嬉しそうな顔を見るとこちらも嬉しくなります。

 

⑨絵合わせゲームや単語作りパズル

カードはもちろん言ったりもしてもらうのですが、体をそこまでは動かさないので、パズルなどで手先を使った取り組みをしてもらいます。

3つの絵を組み合わせて一つの絵を作る3 letter wordパズル

はまず見本を見せて

Is it OK?  (あってる?)

No!!   (ちがーう!)

Then, what’s wrong?  (どこがちがうの?)

Change this one and this one. (これとこれを変えて)

ここでよく、わざと逆さまにしたりして

No! It’s upside down! (ちがう!逆さま!)

とかいうやり取りをしたりします。

これでchangeやupside downという言葉も自然と身に着いていったりします。

 

もう一種類のパズルは、絵と単語のつづりをみて、

d-o-gというようにつなげていくもの。

出来たら”I did it!”と言って、一緒に読み、次にチャレンジしてもらっています。

⑩テキスト

幼児クラスで使用しているテキストはOxford の

young picture dictionaryという赤い本。

今amazonでは2,000円~2500円くらいでしょうか。

実は去年はもう少し安かったのです。私がたくさん買ったから

値が上がったのかな?などと思いをめぐらしますが、実際のところは分かりません。

 

教室をスタートする前に、Amazonのブックレビューをさんざん読んで、いくつか候補を絞り、実際試しに買ってみて、よし、このテキストでいこうと決めました。理由は

①かわいい

②家でもレッスンでも取り組みやすい

③単語・簡単な会話表現・歌まで入っていて総合力が高い!

 

レッスン始まってから知ったのですが、他の英語教室でも使用されていたり、オンライン英会話のテキストとして採用しているところがあったりと、やはり評価の高いテキストだなと感じました。

英語の絵辞典なので見ているだけでも楽しいです。

カテゴリー毎に8~10の単語を学んでいきますが、

その単語を使った歌も収録されているのでおさえにもなります。

子どもにも歌いやすいテンポの歌で、子どもたちがいつも元気に歌ってくれます。

 

 

⑪プリント

クラスのお友達の年齢は習熟度によって、アルファベットの練習プリントか、テキストの単語練習のプリントを行っています。みんな、書くのが好きみたいで、すごく積極的に書く練習をしてくれます!!

 

⑫手先を使った取り組み(お絵描き、粘土遊び、折り紙など)

子どもたちのお楽しみ♪

クレヨンを使ってのお絵描きでは

“Let’s draw a circle.” (丸を描いて)

“Draw two circles on the circle.” (その丸の上に△を二つ描いて)

というように形、場所、色などの概念が身につくように進めています。

粘土では ”I made ~.”と何を作ったか発表してもらったりもしています。

 

⑬絵本

みんな絵本は大好きで集中して見てくれます。しかけ絵本が特に好きなようです。

また、絵本の暗唱を推奨しているので、みんなレッスン前に自分が家で練習してきた絵本を発表してくれています!

最初は一人では読めなかったお友達も、次第に読める部分が増えてきたり、堂々と発表できるようになってきたり。。

子どもたちの成長は素晴らしいです!!!!!

ここはまた後日あらためてご報告したいところです。

ちなみに、子どもたちには教室の絵本を無料で貸し出ししています。どんな絵本かはこちらのページで紹介しています。

おすすめの英語絵本

 

⑭体を動かす系の歌

YouTube動画紹介のところでも書かせていただいた

Super Simple Songsの中から、体を動かす歌をみんなで一緒に踊ったりします。分かりやすく、かわいい歌が多く、

また家でも動画見ながらレッスンと同じようにやってみたりできるので、今週はこれをしましたよ~とお伝えさせていただいています^^

 

特に子どもたちが好きな歌は

“Walking Walking”

 

http://www.ouchieigo.net/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%AB%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A4youtube%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/

 

⑮おわりの挨拶・シール貼り

終わったらいつものおわりの挨拶をして、ごほうびシールをカードに貼ってもらいます。

シールが10たまるごとにご褒美がもらえます。絵本の発表をすると貰えるシールの数も増えることもあり、みんなとてもよく頑張っています!!

 

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。レッスンに来られている方にも、そうでない方にも

英語の取り組み方法の参考になれば嬉しいです^^

 

Author: konoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です