オンライン絵本ラズキッズの使い方

はじめに。絵本はどう読むのがいい?

以前の投稿でもお知らせしたオンライン絵本のラズキッズですが、半年使ってみた感想としては・・・

やっぱりすごくいいです!!

個人的にはかなりプッシュしたい英語教材なのであります。

 

ただ、取り組み方がイマイチ分からない・・という方も少なからずおられるので

今回は、ラズキッズの使い方についてまとめていきます。

 

ラズキッズって何?という方はこちらの記事をご覧ください↓

http://www.ouchieigo.net/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%81%ae%e5%a4%9a%e8%aa%ad%ef%bc%81raz%e2%88%92kids%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%ef%bc%89%e3%82%92%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f/

 

と、その前に、英語の本を読む時のアドバイスを1つさせてください。

 

もちろん、いろんな本に触れていく多読、すごく大切で、効果もあります!

ただ、一回さらっと目を通しただけで、その本に出てきた言葉や表現が使えるようになるかというと・・・。

 

やっぱりもう少し練習したほうが良さそうですよね。

実は、多読に加えて英語で大切になるのが精読です。

 

日本語と違い、普段から触れている言葉ではないので、自分の力にするには

繰り返しと頻度が重要になります!!

 

同じ本に何度も触れてみる。週にできたら4回以上は読んでみるとよいです。

(脳の働きから考えると、週に4回以上触れると脳の中で記憶の重要度を振り分ける「海馬」

が大事な情報と認識し、「大脳皮質」という長期記憶ゾーンに情報が蓄積されます。

取り組む時には、楽しい、面白い、へえ〜、なるほど!といった気持ちや、声色を変える、

歩きながら、真似しながら言ってみる、といった行動が伴うとさらに効果的です。

 

 

その本をスラスラ読める、自信を持って読める、

覚えて読めるというところまで練習していくと、

英語力はものすごく伸びます!!

 

取り組み方法としては、1週間に1、2冊、これ!という本を決めてそれを覚えてしまうくらい繰り返し読んでいくことがオススメです!!

オンラインレッスンに参加されているお友達には、毎週一冊本を指定していますので

ぜひそれを自分のものにして欲しいなと思います。

お気づきの方もおられるかもしれませんが、可能な限り

絵本に出てきた表現や単語をレッスン内の取り組みに入れるようにしています。

 

教室で絵本を借りて帰っているお友達も、

家で何度も繰り返し読んで練習してきたお友達は本当に上手ですし

力の伸びを感じます。

自信を持って発表できるように頑張りましょう^^

 

絵本をしていない小学生のお友達は、青いテキストでも、リズムでマスターでも、

TAGAKIでもよいので繰り返し読んで覚えて、自力で言える、を目指しましょう。

 

それでは、ラズキッズの使用方法について↓↓↓

 

ログイン〜スタート画面

パソコンでは画面右上にある緑のKids LOG INというバナーから入ります。

スマホやタブレットであれば、Kids A ~Zのアプリをダウンロードして、自分が登録されているグループの先生名のクラスルームを選んで(最初は入力しないといけません) 、自分の名前を探してクリック、パスワードとなる絵、もしくは数字を入力すると、専用のページに入ることができます。

(グループを管理している人が登録を済ませている必要があります)

 

すると、下のようなUFOのある画面が出てきます。

 

UFOの数は状況によって2〜4と変化します。

常にあるUFOは2つ。

・Reading Roomー図書館のような場所で、本がたくさん並んでいます。

・Level Up!ーレベルをあげたい時は、こちらから絵本を読んでいきます。

 

状況に応じて出てくるUFOは2つ

・My Assignmentーグループ管理者(先生)より、この本を読もうね、という課題が出るとこのUFOが姿を現し、取り組みが終了するとUFOが消えます。

・Flight Checkー子どもたちがどのくらいできるようになったか、力を測るためのチェックテストのようなものです。これもグループ管理者(先生)が出した時のみUFOが出てきます。

 

*オンラインレッスンに参加してくれているお友達で、課題本が出ている

(AssignmentのUFOがある)お友達は、まずそちらの本にチャレンジされてください。

 

特に指定がなければReading Roomからお子さん自身が興味のある本を選んで読んでいくとよいでしょう。

 

Reading Roomから本を選ぼう!

Reading Roomは、いわば、英語絵本がずらっと並んだオンライン図書館です。

本の検索にはいろんな方法があります。

最初に出てくる画面の上の段を右にスワイプしていくと

本の表示方法が選べます。

 

Topicー動物、フィクション、アートというように、分野別に本が並びます。

Leveled Booksー本がレベル分けされて並びます。ラズキッズでは子どもたちに応じたレベルが設定されています。

自分に最もあったレベルの本、AレベルであればAレベルの本のみを並べることができます。

上のバーのアルファベットをクリックすると表示を変えることができます。

 

Fiction Series-フィクション(物語)

World Languageースペイン語やフランス語で読んでみたい時

Poems and Songs-詩や歌をもとにした絵本

 

 

一番使いやすいのはLeveled Booksで、お子さんに一番合ったレベルの本から

選んでいかれるのが良いと思います。

上写真で本が並んだ絵のところがLeveled booksです。

 

この表示であれば、Aが強調されているので、Aレベルの本が下にずらっと並んでいます。

 

お子さんのレベルの前後3つまでのレベルから選んで読めるように現在設定しております。

もし、レベルを変更したい、という時はお問い合わせください。

 

Listen(聞く), Read(読む), Quiz(クイズ)

Listen(聞く)、Read (読む)、Quiz(クイズ)では、それぞれもらえるスターが違います!

また、スターが貰えるのは最初の取り組み時のみです。

 

Listen

*ヘッドホンマークのListenでは、自動的に機械がページをめくりながら読み上げをしてくれます。ここでネイティブ発音のチェックをしましょう。中には動く絵本もあります!

 

Read

*本マークのReadでは、音は流れてこないので自分でめくりながら読んでいきます。もし読みながらまだスムーズに読めないな、と感じたらListenに戻って何回も真似をして読んでみるとよいでしょう。

 

Quiz

*?マークはAレベルからスタートする、内容理解のチェッククイズです。5問あります。間違えたらまたやり直せば追加スターがもらえます!スピーカーマークを押せば問題文も、選択肢も読み上げてくれます。中には、難しい問題もあります。こんな問題もあるんだね〜、こんな聞き方をするんだ、くらいの感覚でトライされるとよいかと思います。

 

 

録音をしてみよう!

        

 

↑Read を選ぶと画面の右上にマイクマークがあります。これを押すと録音が始まります!

終わったらボタンで停止。スマホやタブレットの場合は↑マークが出ますので

是非押してください!!

外向き矢印マークを押すとグループ管理者(私)

のところにみんなの音声が届きます!!

 

↑ この右上で赤丸で囲った矢印が送信マークです。

 

でも、パソコンの場合は録音して自分の声は聞けても

先生に送る矢印マークが出てこないのです。。

なので音声を送りたい時はスマホかタブレットで読んでみましょう^^

 

また、送るところまではしなくても、録音したら、次に再生ボタン▶︎を押して

自分の音読を聞いてみましょう。

自分の声を聞くことは最初は慣れなかったり、恥ずかしかったりしますが、

客観的に自分の声を聞くと、そこから学ぶことはたくさんあります。

 

ちなみに、余談ですが

私が英語を本格的に勉強し始めたのは高校生の時で、高校は国際文化科という英語コースのようなクラスに入っていました。英語が得意なお友達や、帰国子女のお友達も多く、その中で

英語はすこぶる平均的な成績だったのですが、ある時からできる!という感覚がついてきて、成績が上がりました。

 

その時何をしたかというと、、、

 

教科書を繰り返し音読して、覚えてしまうこと。

可能であれば録音して、自分の声を聞くこと。

 

この方法は、私が15年勤めた教室の名誉校長、故・七田眞先生も提唱されていて、

英語指導の研修を受けた時に深く深く共感しました。今でもこれは王道の1つだと言えます。

 

ちなみに、大学3回生の時に交換留学をしておりますが、交換留学のためにはTOEFL◯点以上、といった基準を突破せねばならず、その時は

 

ラジオ英会話を録音したものをひたすら通学時に聞いて、周りに人がいない時や家では

真似してぶつぶつ言ってました。

私、すごくズボラなので、毎日新しいものの録音などはできず、一度録音すると飽きるまで

同じものを延々と聞いていました。でも、結果としてはそれがよかったのです。

 

同じものを繰り返し聞く→ 覚える→ ラジオのセリフが同時に、もしくは先に言える→

→ 飽きたら次のものを録音する

 

こんなサイクルでした。

英語は言葉であり、コミュニケーションツールなので、最終的には

自分で使えるというところまで持っていくのがすごく大事で、

 

繰り返し触れて、繰り返しアウトプットして、自力で使えるように。

 

これを一冊ごとにしていくとものすごく力が伸びます。

絵本以外のテキスト媒体でも、

基本文に繰り返し触れて、繰り返しアウトプットして、最終的にはテキストなしで

自力で使えるように。

 

だいぶ結果が変わってきそうですよね。

題材は絵本やテキストに限らなくても、構いません。歌とか、動画でも。

これならやってみようかな、できそうかも、という簡単なところから始めて

お、なんかできるようになった!言えるようになった!という成功体験を

重ねていくと、自信がつき、英語力も上がります。

 

これは、子どもだけでなく大人でも同じですね。

 

 

スターをためてアバターやラズロケットを作ろう!

ラズキッズで絵本を聞いたり、読んだり、クイズに答えたりしていくと

だんだんスターがたまってきます⭐️

そのスターを使って遊べるページがあります^^

 

↑スタート画面の右下にある⭐️star zoneをクリックすると

 

こんな画面が出てきます。

左がAvatar Builder 右がRaz Rocket

 

まずは左をクリックして開いてみると・・・

 

こんな感じで自分のキャラクターを作っていくことができます!

下の部分を動かしていくと、いろんなパーツが選べます。

Free(無料)のものもありますが、スターで買うものがほとんどです。

たくさんスターを貯めてオリジナルキャラを作りましょう。

 

こちらは右側をクリックすると出てくるラズロケット。

宇宙船を作っていきます。

私のロケットにはいつの間にかエイリアンがいっぱいいます。。

 

ラズロケットのアイテムは

左のテレビ?の下にある黄色い矢印をクリックすると

どんなアイテムがあるのか見ることができます。

(最初分からなくて子どもたちに教えてもらいました^^;)

 

ちなみに、スタート画面の左下にある吹き出しMessagesは、ラズキッズから届く

頑張ったねバッジやメッセージ、時には私からボーナススターやメッセージが届くこともあります!

赤くなっていたら新しいメッセージが届いていますので開いてみましょう。

 

真ん中のグラフStratsをクリックすると、今どれだけ取り組みが進んだかな?

スターはどれだけ貯まったかな?という状況を見ることができます!

 

 

おまけ

簡単にラズキッズの使い方を説明する予定が、いろいろ余談を書いてしまい

長くなってしまいました。。。ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます。

いろいろオススメの使い方について書きましたが参考になれば幸いです。

 

登録したけれど、あまり使っていないという方もおられるので、それは正直とてももったいないな〜と思っています。

ここで上げたやり方通りにしなくても大丈夫です。

とにかく、まずは開くことから始めてみてくださいね。

 

そして、もう1つ、オススメの活用法をあげるとすれば、

絵本を読んだら、どこか好きなページだけで構いませんので

ぜひ書き出しをしてみてください!絵もつけてOKです!

(絵も描いてね、というと幼児のお友達は喜んで取り組んでくれます)

聞いたもの、読んだものを、書く(=アウトプット)ことで

定着に繋がります。

また、音と字の関係が分かるようになってきます。

 

教室に来てくれているお友達はぜひレッスンで見せてくださいね。

オンラインを受講してくれているお友達は

ぜひ、書いたページを写メで送ってください。

花丸つけてお返しします🌸

 

もし、ラズキッズについて、また英語絵本について、分からない事があれば

気軽にお尋ねくださいませ。

 

Have a wonderful day✨✨

英語の多読!Raz−Kids(ラズキッズ)を始めませんか?

はじめに・・英語の多読とは??

 

今回は、英語の多読について。

すごくいい読書システムがあり、導入を考えているのでそのお知らせも兼ねています。

 

昨日あるきっかけから、Raz−Kids(ラズキッズ)というオンラインの洋書絵本ライブラリーについて詳しく調べてみました。

ラズキッズのことは以前から知っていて、面白そうだなとは思っていたのですが

教室にはたくさんの貸出用洋書絵本もあるので、特に導入は考えていませんでした。

 

しかし、今回のコロナウイルスの件でレッスンにしばらく来れないお友達もいたり、

元気でもなかなか家の外にも気軽に出られない状況となり、家でできる取り組みとして、この

洋書絵本ライブラリーをうまく活用すれば子供達の力ももっと伸ばせる!!と感じたのです。

 

英語の多読は、すごく簡単な絵本からスタートして、徐々に英語を読む力、内容を理解する力をつけていく語学習得法です。

 

小さい子どもたちはまだ字を読むことができないので、おうちの方の読み聞かせから

まず音を覚え、次第に自分で読む力をつけていきます。日本語と同じですね。

日本語の場合でも、本をたくさん読んでいるお友達は知識が豊富で、読解力や物事の理解力が

高い傾向があります。それは英語の本についても同じです。

たくさん読めば読むほど、読む力、語彙力、表現力、理解力などが高まっていきます。

 

絵本の効用については過去の記事をご覧ください↓

http://www.ouchieigo.net/%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e7%b5%b5%e6%9c%ac%ef%bc%88%e5%b9%bc%e5%85%90%e5%90%91%e3%81%91%ef%bc%89/

 

 

Raz−Kids(ラズキッズ)って何??

英語圏の小学校等でリーディング副教材として使われているオンライン図書システムの事です。実際にアメリカの多くの小学校で導入され、また世界中のインターナショナルスクールでも使用されています。日本でも副教材として使用している私立校もあります。

Raz Kidsは29レベルに分かれており、現在数百冊以上のリーディングができるようになっています(今後も増えていくようです)。パソコンはもちろん、タブレットやスマホでもアプリをダウンロードして使うことができます。

 

Raz-Kids ラズキッズのオフィシャルサイトはこちら。

 

ラズキッズ を使うメリット

 

①気軽に、どこでも、たくさんの洋書絵本に触れられる

②絵本がレベル分けされているので選びやすい

③ネイティブの音声を聞いて練習ができる

④子どもたちの音声を録音できる

 

上記4つのポイントはものすごく重要です!そしてさらに。。

 

⑤録音した音声を先生に送ることができる

⑥読んだ分だけポイントを貯めることができ、ポイントを使ったお楽しみがある

⑦ただ読むだけではなく、絵本の内容に沿ったクイズやプリントも準備されている

⑧スペイン語やフランス語でも読むことができる

 

というように、ただ絵本を読んで終わり、ではないのです。

サポート部分もかなり手厚いです。

その他にも、オンラインならではのいろんな機能もあります。

 

また、講師の観点からも

 

子どもたちに合った絵本が選びやすい

子どもたちの取り組み状況が把握できる

子どもたちの絵本読み音声がいつでも確認できる

このシステムから音声・テキストのメッセージを送ることができる

クラスで課題として本を指定し、みんなで同じ本を読んだり、関連する取り組みをすることもできる

 

など、将来いろんな形で活用できそうなのです。

 

取り組み状況やレベル別の絵本が並ぶページ↓

 

ラズキッズ、デメリットはある?

デメリットとしては、

紙の絵本に触れることが特に小さい頃は大事

親子での絵本を通しての触れ合いが減るかもしれない

あまりに電子機器の取り組みが増えると目が疲れてしまう

 

などあるかと思うのですが、

使い方次第で解消できるかと思います。

洋書絵本で、ネイティブ音声がついていて、気軽にどこでも読める

このメリットは計り知れないです。

 

紙の絵本の貸し出しは、引き続き希望される方には行い、

ラズキッズの取り組みは短時間でさらっとしていただいて。

(本なのでそこまで長い時間にはならないかと思うのですが。。)

そして、親子でできたらさらに良し!!

 

ちなみに、教室の現状としては

幼児クラス、幼児クラスから小学生に上がったクラスに関しては、

保護者の方が一緒に参加されていたり、絵本の取り組み方が理解できているので

絵本の読み聞かせと発表をほとんどみんなが取り組んでいます。

 

しかし、小学生からスタートしたクラスに関しては、最初から子どもたちのみでレッスンに来る場合が多いので、絵本を借りて帰っても、結局あまり練習できない場合が多く、英語絵本は読んでいないお友達が多数の状況です(その他のテキストに取り組んでもらっています)。

ラズキッズであれば、どの状態の子どもたちでも自分に合ったところから、気軽に

自分の力で取り組むことが可能なので、これまで絵本をあまり読んでこなかったお友達にも

活用できます。これは私的にすごくホッとすることなのです。。

 

幼児のお友達にも、小学生のお友達にも、英語絵本に気軽に、楽しく触れてもらいたい!!

というのが私の思いです。

 

ラズキッズ、申し込み方法と費用について

↑トピックやレベル別、フィクションなど、カテゴリーごとの検索もできます。

 

 

ラズキッズは1年間の使用、期限がきたら更新をするというシステムになっています。

こちらは私が講師としてグループライセンスを取得し、そちらに希望者の方に入っていただく形になります。

現在フリートライアルを試し中で、その終了期限が3月20日。

そのまま継続する予定なので、申し込み時〜2021年3月20日まで、

自由にお使いいただけます。

 

気になる利用料ですが、教室に通ってくれているお友達は 1,000円/1年

にさせていただこうと思います。1,000円で、洋書絵本1年間読み放題、サポート付です。

 

ちなみに、ラズキッズのサイトは全て英語です。

申し込みいただいた方には使い方をお伝えします。

何か気になることがありましたら気軽にご質問ください。

子どもたちでも使えるように、絵を見れば何をすればよいか分かるようにはなっています。

 

ご兄弟さんがおられる場合は、一つのアカウントを共有することも可能です。

 

ただ、本を読んだり、録音したりするとポイントがたまり、そのポイントでできる

簡単なゲームがあったりするので、もし読書の進捗状況を分けて確認したい、

それぞれ自分のものを作りたい!と言った場合は、それぞれでアカウントを

取られることをお勧めします。

 

ちなみに、レベル分けが細かいので、自分にあったところから始めることができ、

高いレベルは本当にハイレベルなので、ご兄弟さんや保護者様も読まれるとよいと思います!!!

 

ラズキッズ、興味のある方、やってみたい!という方は個別にお知らせください。

20日までは無料トライアル期間なので、試しにやってみてから決める、でも大丈夫です。

 

今回は洋書絵本ライブラリ、ラズキッズのご紹介でした。

 

(追記)もし教室に来られていない方で、ラズキッズご希望の方がおられましたらyoshimin.orange23@gmail.comまでご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたち向けの英語絵本朗読動画をアップ!

生徒さん向けに絵本の朗読動画をちょこちょこアップしています。

絵本のセットには音声CDがついているのですが、
レッスンでは何種類かのセットが混ざった100冊くらいの中から自由に貸し出しをしているので、皆さんあまりCDは使われていないようです。

でも!

今は Google先生とかに発音聞いたり、分からなければすぐに調べられる便利な時代なので特に問題はなさそうです。。

自分が借りた本が出てきたりすると、より記憶に残ります。また、まだ読んでないけどいいな、と思える絵本に、動画からも出会えたらいいなと思います!

動画に加えて、絵本活用術をコメントでつけています。
ただ読むだけじゃなくて、この本からは他にどんな効果が得られるかな?出てきた表現をどう活用できるかな?というところを、講師目線で書いています。

ぜひ活用術も読んでみてくださいね!

“He Can Hop” from Non Fiction Sight Word Readers Level A”

【絵本活用術】

Heの部分を、自分の名前や家族、お友達の名前に入れ替えてみたり、I, you, she といった代名詞に変えて読んでみると英語の理解も深まります!

ぜひ、動作を真似しながら読んでみましょう!
体のいろんな部分を使いながら読むことで、hop, walk, dive, slide, dreamなどの単語も覚えやすく、今後も使いやすくなります!

“That Bug!” from Guided Science Readers B

【絵本活用術】

この絵本では、虫たちの特徴が出てきます。
big, small, black, white の他にも

Spots =水玉もよう
Stripes = しましま模様
The coolest one of all =全部の中で一番かっこいい
Cool = かっこいい、いけてる(涼しいという意味もあります!)

自分や周りの人の服装をみて、どんな色か、模様がついているか、など言ってみましょう!

英語の絵本を読んでみよう!(メルマガより)

今回は「英語の絵本読み」です。

小さいお子さん、また英語を始めたばかりのお子さんに
おすすめの絵本シリーズの中から、今回は
スカラスティック社、Sight Word Readersより
”I Did It!”を読んでいます。

“I Did It!”は、できた!という感じですね。

動画の最後には効果的な使い方もご紹介しています。

動画の視聴はこちらから↓↓

https://youtu.be/Vx9bM-bvAhE

絵本に出てきた表現を実際に使ってみるとその言葉が

体で覚えられるようになります。

“Open, I did it!” あける、できた!

“Pull, I did it!”  引っ張る、できた!

“Snap, I did it!” (スナップボタンを)とめる、できた!

など、日常の場面でもよく出てきますよね。

そしてぜひ最後の

”Hug, I did it!”

ではお子さんとぎゅっとしてみてくださいね。

英語絵本は、子ども英語にとっては欠かせない存在といっても
よいでしょう。絵本からはたくさんの単語、表現、英語の感覚を
学ぶことができ、子どもたちも絵本の世界には入りやすいです。

英語絵本が好きになったお友達は、英語の字を読みだすのも
早いです。そして読んでいくうちに、日本語の本を読むのと同じ感覚で
英語絵本が読めるようになっていきます。

ただ、ここで気を付けたいことがいくつかあります。

お子さんの個性や、集中できるレベルに合わせていくこと。

いくら有名な本でも、興味をあまり示さなかったり、長くて
すぐにその場を離れてしまうようでは、あまり効果はありません。
お子さんが自ら手に取って、読みたい!と思うもの、そして
最初の頃は短いものがおすすめです。

英語絵本のシリーズをいくつかご紹介しておきますね。
ホームページ、おすすめの英語絵本では、絵本の選び方
おすすめの本について詳しめにご紹介しています。

 

Sight Word Readers
Non Fiction Sight Word Readers
Guided Science Readers A-D
High Frequency Readers
Oxford Reading Tree

Halloween 2018★ハロウィンゲーム&工作

10月最後のレッスンでは各クラス毎にハロウィンイベント🎃を行いました。

 

今年もいろいろゲームを編み出しました🌟

さて、どんなことをしたかといいますと

 

★ハロウィンぽい英語絵本👻

Skeleton Hiccups

Go Away Big Green Monster

Where is Baby’s Pumpkin?

からクラスに応じて2冊

★Pass the Pumpkin!

音楽に合わせてジャコランタン、蜘蛛、魔女の帽子を回そう!

途中 fast, slow, opposite

の指示が出たら速く、ゆっくり、反対に回しました🧙‍♀️

 

★Find out Halloween Pictures!

音楽が止まったら

“Find 〇〇!”

witch, bat, vampire, mummy, spider, skeleton, ghost, pumpkin, monster…

さあ、部屋のどこに隠れているかな?

 

★Dice Game

2つのサイコロを投げて、出た目をたし算!

その番号のカードに書かれたミッションにチャレンジ!

run, swim, jump, laughなどに加えて

Fly like a bat コウモリのように飛ぶ

Be a monster モンスターになる

Pretend to be a ghost オバケの真似をする

など、ハロウィンぽいのを入れてみました✨

結構みんなノリよくやってくれました〜♪

No 

 

★Halloween Crafts

幼児クラスでは、風船を膨らませて、ハロウィンの顔を貼り付けてジャコランタン風船を制作。

はさみやのりも使ってオリジナル風船ができました🎈

飛ばないように、最後はお母様方にモールでくくってもらいました😊

 

★Halloween Bingo

ハロウィンの絵が並んだビンゴゲーム‼️

今回は、いくつビンゴができるかチャレンジ。10個ビンゴになったお友達もいました⭐️

 

★Trick or Treat!!

ハロウィンといえばトリックorトリート👻

自宅クラスではknock, knockからチャレンジしてもらいました。

みんな上手に”Trick or Treat!”が言えていました✨

 

(時間の関係や、年齢に応じてクラスによってしていないものもあります)

 

ハロウィンの衣装やグッズを身にまとい、超キュートな子どもたちとゲームして遊ぶ時間はとても楽しかったです❤️

 

次のイベントはクリスマスかな?

一年が早い〜‼️

 

おすすめの英語絵本

おうちえいごに取り組むにあたって、とても大事な要素が

英語絵本に親しんでいく→英語絵本が読めるように育てることです。

 

なぜ英語絵本が大切なのか?

絵本に取り組んでいくメリットは本当にたくさんあります。

英語絵本に取り組むメリット

①字が読めるようになる

②英語のいろんな表現が身につく

③音声付きのものを選べば正しい発音も身につく

④本が好きになる

⑤記憶力がよくなる

⑥感性豊かに育つ

 

などなど。

日本語の読書を思い浮かべてみると分かりやすいです。

 

昨今、子どもたちの国語力の低下が叫ばれていますが

国語力の低下は読書量の低下に比例するといわれています。

 

一般的に、本好きな子は国語が得意です。

英語も同じ言語なので、基本的な原理は同じ。

英語の絵本をたくさん読めば、後には長文が読めるようになり

英検や大学受験にも断然有利になっていくわけです。

英字新聞や英語の文献まで読めるとかっこいいですよね!!!

なので、英語絵本の多読からスタートし、英語の読解力、

すなわち、英文を読んでその場面がイメージできる力

が身につくところまでを目指していきましょう!!

 

さて、ではどんな英語絵本が適しているの?ということですが

まずは

簡単、短い、絵を見れば内容が分かる

ものからスタートしましょう。

何故かというと、最初から分からないものにチャレンジすると

劇的にやる気がなくなります。長続きしません。

簡単なもので、ちょっとがんばったらできる!!を目指しましょう。

 

英語多読初期おすすめ絵本の条件

・簡単

・短い

・内容が分かりやすい

・繰り返しが多い

・音源がついている

 

では、英語初期おすすめのものを、セット絵本から紹介していきます。

 

英語の暗唱におすすめのセット絵本

Sight Word Readers

活字になっている単語の中で最も使用頻度の高い50語を学べる、小型のかわいい本を25冊集めセット。動物、夕ご飯、乗り物、パーティーといった、子どもが大好きなトピックを取り上げた楽しいお話で、どの本も繰り返しのフレーズが多くて初めてでも読みやすくておすすめです!!!私も英語絵本が初めての方にはこのセットからおすすめしています^^

Guided Science Readers A

小さい絵本15冊、アクティビティブック1冊、ガイド、ごほうびシール、CD付。

(販売形態によってはCDが付いていないものも有)

こちらは短い英文ながら、いろんな写真を通して生物や

自然について学んでいけるシリーズ。セットとはA~Dまであり

徐々に文が長くなっていきます。

写真もすごくきれいで目を引きます。英語で理科が学べるなんて、

素敵ですよね。Aはサイトワードリーダーズより簡単な本が多く、

何しろ写真がわかりやすいので、開始年齢が早かったり、生き物好きなお子様

にはこちらをおすすめしたりもしています。

 

Nonfiction Sight Word Readers Level A


こちらは実際の写真を使って、25の基本サイトワーズの習得を目指している絵本セット。

絵本26冊、ごほうびシール、アクティビティが載っている小冊子、CDも付属で

2000円台というのは金沢いお買い得です!!

出版は2015年。写真も分かりやすく、現代風の絵本なので子どもたちの興味を引きます!!

イラストが好きな方は一番上のサイトワードリーダーズを、写真が好きな方はこちらの

ノンフィクションサイトワードリーダーズがおすすめです!!

 

High Frequency Readers


絵本18冊、サイトワーズ(このセットではハイフリークエンシーワーズ:頻出単語 と呼ばれている)のカード、CDのセット。

何しろ、絵と文章が分かりやすい!!

後半は文も2行になり少し長くなるので、レベル的にはsight word readersを終了したお子様向け。

写真の絵本もあればイラストの絵本もあり、飽きません。

ちなみに、一時期英語嫌い、絵本嫌いに陥った我が子を救った絵本セットが

こちらでした。子どもたちも興味を持って読むことができます!!

 

 

Oxford Reading Tree


英語多読の王道と呼ばれるオックスフォード・リーディングツリー。

Biff, Chip, Kipperのメインキャラクターたちがお話の中に登場。

それぞれの話にオチがあり、次第に成長していく姿が見られるのが魅力です。

世界中で愛用されている絵本シリーズだけあります!!

ネックなのは、そのお値段。。。

近所の図書館などで貸出されていればすごくラッキーかもしれません。

ちなみに岡山県立図書館には置かれています★

 

 

CTP絵本シリーズ

ORTに並ぶ、世界で相変わらず要されている老舗絵本シリーズ。

science, math, fairytalesなどのカテゴリーに分かれていて、好きな

カテゴリーから読んでいくとよいでしょう。

 

セット以外のおすすめ絵本

 

Excuse Me!

 

Excuse me, I’m sorry, Yes, please!, No, thank you. など

身につけてほしい英語フレーズが学べます。

絵も字もわかりやすく、カバーをめくる仕掛け絵本でもあるので

子どもたちの食いつきも◎。

Brown bear, Brown bear, what can you see?

 

幼児英語では言わずと知れたエリックカールの定番の絵本。

CD付きのものもあります。Brown bear, brown bear, what can you see?

I see a yellow duck looking at me.

ページをめくるたびに違う色の違う動物が出てきて、太字部分が変わっていきます。

リズムよく読んでいき、色と動物が学べる絵本です。

Peek a Moo!

いないいないばあの動物バージョン。

仕掛けをめくるとその動物の鳴き声が出てきます。

英語での動物の鳴き声は日本語とは違っていて、その点も面白い。

子どもたちも大好きな絵本です。

Beautiful Butterfly

アプリコット社のCD付き絵本。

付属CDには、朗読の他、この本を題材にした歌も入っています。

絵も綺麗で内容も分かりやすいです!

この絵本は「色」がテーマです。

 

Teddy Bear

こちらもアプリコット社のCD付き絵本です。

ゴミとして捨てられ、バラバラになってしまったテディベアの体のパーツを

戻していってあげるお話です。絵がとっても可愛い。

ついている歌もリズミカルで一緒に踊れます^^

 

Me, Myself

 

アプリコット社のCD付き絵本からもう一冊。

この本のテーマは「家族」と「気持ち」です。

 

Where’s Spot? シリーズ

日本語では「コロちゃん」シリーズとして出ています。

スポットの絵本はしかけ絵本になっているものも多いです。

小さい子はとにかくしかけをめくるのが好きですね!

Where’s Spot?はシリーズの中でも内容が分かりやすく、また

場所の言い方(under, behind, inなど)が学べるのでおすすめです!

 

英語はいろんな方面から触れていくと、より子どもたちに

馴染み深いものとなっていきます。

こちらの記事もどうぞ!

http://www.ouchieigo.net/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%AB%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A4youtube%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/