英検5級オンラインクラス生徒募集中!

英検5級オンラインクラス
水曜20:00〜20:40 募集中⭐️

11月から毎週水曜20時より、オンラインで英検5級クラスを行います。

前に受講していたお友達が合格して人数が減ったため、新たに募集します✨✨

遅い時間なので、お風呂とか寝る準備とかしてから受けても全然OK!気になる方はコメントがメッセージくださいませ。英語が読めるようになってきたくらいのレベルからがおすすめです。

ちなみにグループレッスンは一回500円です。
よく、もう少し上げた方がいいんじゃない?と言われるのですが、なるべく多くの子が、気楽に受けれたらいいなーと思って教室を始めて以来、変えておりません。

ただおかげさまで、友達伝いにみなさんお声かけくださったりして、現在の生徒さんは教室とオンライン合わせると108名となりました。ありがとうございます✨✨

今回は、テキストを使用することにしました!写真に上げている、英検5級をひとつひとつわかりやすく ¥1100の本です。

10月英検の結果が生徒さんから届いてきています✨✨✨

まだ結果が分からないお友達もいるのですが、今のところ、みんな合格。
とりあえず、ほっっ
としています。

あやしいラインにいたお友達から合格の報告が来た時は嬉しくてx2。

ギリでも合格は合格。
本当におめでとう㊗️

というか、次はギリにならないように、先生ももっとがんばる‼️

個別オンラインの小3の男の子の2級一次突破は、本人がものすごく努力してきたのを知ってるだけに、ちょっと感動しました。

絶対ここは◯◯君なら取れるところだからね!と言ったリスニングとライティングでちゃんと点が取れたから、これで念願の二次試験に進めるね✨✨✨
絶対、面接も受かろうね‼️‼️

教室レッスンでは、今週ハロウィンイベントをしています🎃子どもたちの仮装はやはり可愛い💕💕

#英検5級#英検#英検オンラインレッスン#英検オンライン#英検合格#

 

 

英検合格おめでとう!!

英検3級合格✨✨✨
おめでとう🎉🎉🎉

教室を始めて丸3年とちょっと。

思い起こせば、最初はプリントも準備しておらず、テキストと、フラッシュカードと、カレンダーと、基礎概念の定着のための教材をいくつか。

でも、レッスンを重ねるうちに、
子どもたちの頑張りを見ていたら
あ、これもしよう
これもあった方がいい
やっぱり定着にはプリントもいるな

など、あれよあれよと教材になりそうなものを揃え、メインプリントは自作してやってきました。

Cちゃんは1番初めにできたクラスからずっと頑張ってきてくれて、ついに2020年度第1回の英検で3級合格を手にしました✨✨✨✨✨

すごーい‼️本当によくがんばったね‼️‼️
おめでとう😆😆😆

コロナ緊急事態宣言下で英検の申し込みをされていたのを知らず、あまり英検の練習を見てあげられなかった、、それでも筆記試験、面接試験をくぐり抜けたのは、Cちゃんの努力の結果です。

初期の頃から、いつもテキストの練習をがんばっていて、発表にもチャレンジして、自分の力を積み上げてきましたね。本当によく頑張りました‼️
これからも頑張っていきましょう✨✨✨

次の10月英検もチャレンジするお友達が何名かいます。みんな、ラストスパート頑張ろうね‼️

もちろん、英検を受けないお友達も、できることを少しずつ増やして、英語力を上げていきましょう✨✨✨

Everyone, keep it up!!

英語学習に使えるアプリ紹介

スマホやタブレットのアプリ、今や数え切れないほどたくさんあります。

その中で、英語のアプリも、子ども向けから大人向けまで、本当にたくさんあって、さてどれがいいのか、お金はかかるのか、力はつくのかなど、なかなか説明やレビューを読んだだけでは分かりにくいところがあります。

 

そこで今回は、先生の視点+親の視点から、いいなと思った子ども用英語アプリを紹介していきます。

ちなみに、私の使用しているものはiPhoneとiPadなので、他の機種ではないものもあるかもしれません。そちらはご了承ください。

 

それぞれのアプリ紹介に出てくる最初の画像をクリックすると

Appストアでの説明ページが見られるようになっています。

1. Khan Academy Kids

 

無料で広告も入らず、びっくりするくらいたくさんのコンテンツがあります‼️

私も最近知ったアプリで、まだ全てを見たわけではないのですが、これだけのボリュームで

本当に無料でいいんですか?というレベルです。

利用するにあたり、最初にメールアドレスとパスワードの登録が必要です。

また、全て英語なので慣れるまでは使い方が分かりにくいかもしれません。

でもほっこりするキャラクターたちが可愛くて、年長の息子が毎日開いて楽しそうにやっています。

フォニックスや絵本、お絵かき、塗り絵やゲームもたくさんあります。

 

最初に出てくるページで大きい三角をタップすると、毎回違う取り組みが

始まります。これがなかなか面白く、例えば物の長さを測る取り組みが始まったかと思えば

似たような問題でさらに理解を深め、歌に進んだかと思えば、その歌もレッスンとして活用できるように、途中に取り組みが挟まれています。

 

また、それぞれのキャラクターをタップするとキャタクターたちの部屋に入ることができ、

帽子を選んであげたり、虫コレクションを見たりと遊ぶことができます。

ただ、前述の通り全て英語で語りかけてくるため、分からない!何だこれ?ということもあるかと思います。その場合は、Libraryに進みましょう↓↓

 

左上にあるLibraryという本のアイコンをクリックしていただくと次のようなページが出てきます。

このページの上に並んだ8つの丸から取り組みの種類を選ぶことができます。

 

Books  ・・・いろんな種類の本が並んでいます。動物などのリアルな本もあります。

Videos ・・・動画がたくさんあります。super simple songsの歌もいくつか入っています。

Create・・・お絵かきしたり、色塗りをしたりして楽しめます。音も録音できます!

Offline・・・ネットに接続できない時でもできる取り組みページです。

ABC・・・ABCの識別から、なぞり書き、フィニックスの音、単語作りなどいろんな取り組みがあります。

123・・・数の取り組みができます。2歳〜小1までレベルを選ぶことができます。

Reading・・・本のページ。2歳〜小1までレベルを選ぶことができます。

Logic+・・・思考力ゲームなど。英語の指示通りにできるかな?記憶ゲームや神経衰弱みたいな絵合わせゲームもあります。

 

↑右3つの◯をクリックした時、右の方に年齢設定ボタンがあります。

 

取り組み自体は簡単で、見れば分かるorやっているうちに分かる、という感じです。

このアプリで魅力的だなと思うのは、

キャラクターが英語で話しかけてきてくれること。

ゲームのやり方もキャラクターが説明してくれます。うまくできると褒めてくれたり、間違えた時は惜しい!もう一度!と可愛い声で言ってくれます。

このアプリを使っていくと、自然に英語のヒアリング力も上がっていくでしょう。

 

 

2. Pingfong スーパーフォニックス

レッスンで時々プロジェクターで映して歌やゲームに使用しているアプリです。

フォニックスとライミング(韻を踏む言葉)を組み合わせて

単語をどんどん読めるようにしていきます

ノリの良い歌がライミングそれぞれに一曲ずつついているので、

小さいお子さんは聞くと楽しいですし、読めるようになってきたお友達は

ぜひ歌詞を見ながら歌ってみましょう。

内容がよいのになんでアプリの評価が低いのかな?と思ったら、ダウンロードの不具合がある方がおられたようです。
最初のいくつかは無料で試すことができるので、それをお子さんが気にいるようであれば

利用する価値はあると思います。

 

 

3. Pingfong ワードパワー

こちらは、単語を増やしていくことが目的のアプリで、たくさんの歌と、出てきた単語を

使ったゲーム、アルファベットを並び替えていく単語作りゲームなどがあります。単語作りを、英語が読め出したクラスで使用しています。

並び替えてちゃんと英単語が作れると嬉しいようです^^

さて、↑これを並び替えてできる単語は何でしょう?

 

Family, School, Nature のお家が並んでいて、それぞれにたくさんの取り組みがあります。

半分以上はノリの良い歌なので小さい子向け、ではありますが、ゲームもなかなかよくできているので小学生の読みの練習に使えます。

英単語のフラッシュカードもあります。基本的な単語が主となっています。

 

4. 英検◯級でた単

 

 

英検を目指すお友達はもちろんですが、単語が読めるようになってきたり、知ってる言葉が増えてきたなと感じたら、このでた単の5級からトライされてみると、読めているかどうか、

意味まで理解できているかどうかが分かります。

今まで何となく触れてきていた単語の意味がクリアになっていきます。

 

その名の通り、このアプリは英検に出題された単語、熟語を元に作成され、順次更新されています。

英検単語アプリはたくさん出てきていますが、このでた単のおすすめポイントは

5級、4級では漢字の読み仮名まで記載されていること!

 

最近は英検の低年齢化が進んでいるので、英検にチャレンジする幼児、小学校低学年のお友達

も随分増えました。その場合、取り組みながらやりにくさを感じる部分が、

単語の意味や問題解説に出てくる漢字がまだ読めないものが多いことです。

英検単語アプリもいろいろと見ましたが、振り仮名付きのものはなかなかありません。

 

漢字が読める場合は、他にもいろいろアプリが出ているので、やりやすいなと感じたものに

取り組まれると良いですよ^^

娘は、タマゴの絵の英検英単語アプリが好きだと言っていました。

ゲームっぽい感覚のものが好きなお友達にはそちらが良いかと思います^^

 

 

こちらの記事もおすすめなので覗いてみてくださいね^^  ↓↓

http://www.ouchieigo.net/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ab%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%82%8b%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b/

 

http://www.ouchieigo.net/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%81%ab%e5%bd%b9%e7%ab%8b%e3%81%a4youtube%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81/

 

http://www.ouchieigo.net/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%81%ae%e5%a4%9a%e8%aa%ad%ef%bc%81raz%e2%88%92kids%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%ef%bc%89%e3%82%92%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f/

英語のレベルアップに使えるサイトのご紹介

〜はじめに〜 英語は声に出そう!!

今回は、私なりにいろいろと調べた上で、これは英語のレベルアップに使える!!と感じたサイトの紹介をしていきます。

時代はいろいろと変わってきています。便利なものは、どんどん使っていきましょう!!

 

ただ、英語の練習の基本となる音読だけは、英語が読めるようになってきたお友達には特に継続して頑張って欲しいです。初見で読めるようになってくると、「だいたい読めるからいっかー。」と努力をしなくなり、英語に費やす時間が少なくなってしまうお友達もいます。

でもそれでは、力をぐんと上げられる時期なのにもったいない!!!

 

英語絵本の音読、単語本の音読、英検過去問題の音読、長文の音読など、

目で見て、声に出して、その声をしっかり耳で聞くこと。

そして、可能であれば

それを書き出す

 

五感を多く使えば使うほど、その言葉が身につきやすくなります。

ichyという単語も、最初は??と思っても、蚊に刺されて痒くなって掻く時にichyと言えば

あ〜、痒い時にはこの単語、とちょっと定着しやすそうではないでしょうか?

 

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚

 

もちろん五感の全てを常に使うわけではありませんが、少しでも多く使おうと心がけていくだけでも変わってくると思います。

sour (すっぱい)も、sourと言いながらレモンを食べる自分を想像してみたり。

sourと書いて横にレモンの絵を添えてみたり。

 

英語はペーパーワークではなくて、世界中の人が実際に使っている言葉です。

実生活につながるようにしていけたらいいな、と常に思っています。

 

さあ、長くなった前置きは置いておいて、

要は、ただ読み書きするだけじゃなくて、声に出せる時は、小さな声でもいいから出していくといいよ、ということです。

音と字が繋がりやすくなり、目と手と口と鼓膜でその英語を感じられるので。

なので、英語のゲームやアプリをする時も、声に出せる時は出していきましょう!

では、これよりサイトの紹介をしていきます。

タイトル下の画像をクリックすると、そのサイトにいけるようになっています。

 

Games to Learn English(字が読めるお友達〜中学生)

 

このサイト、とてもシンプルなのですが、内容とボリュームがすごいです!!!

ただ、本当にシンプルなので、小学校中学年以降か、字がだいぶ読めるお友達におすすめです。

 

Fast Vocab ー 出てくる絵と、それに合う単語(字)をマッチングさせていくゲーム。

Jobs Game ー いろんな職業が出てきて、それぞれどんなことをする職業かを選日ます。

Fast Phrases ー 絵を見ながら文作り。文の基本的な順番や、主語の選び方(He, She, Theyなど)も自然に分かるようになってきます。

Food – 音を聞いて、それに合った食べ物を選んでいきます。

Weather ー 基本的な天気の確認の後は、地図を見ながらどこの国がどんな天気なのかを当てていきます。

The Future ー なんと未来形まで練習できます。

Past Tense ー 過去形の練習

Perfect Tense ー そして完了形も。。

Compare ー 比較級、最上級も!!!

Spelling Bee ー 絵を見て、その単語のスペルを埋めていくゲーム。海外では定番です。

Hangman ー これもspelling bee同様、スペルを当てていくのですが、たくさん間違えてしまうと吊された人が、、、きゃー。

Animal Mystery ー 質問をしながら、隠されている動物が何なのかを当てていくゲーム。下の方にあります。

 

すごくないですか??

12個例に挙げましたが、ゲームの種類は23個ありました。

どれもこれもためになります。

していえば、5級を目指すお友達は、

Falling Clouds とFast Phrases ー 文作り(並び替え)の練習に。

Fast Vocab, Food, Weather ー リスニングと単語の練習に。

4級、3級を目指すお友達は

Future tense, Past Tense, Compare あたりとされるとよいと思います!

 

 

ESL Games+ (年中〜小学生) 

 

このサイトもバラエティに富んだゲームが並んでいます。

先ほど紹介したサイトより、もっとゲームっぽい方がいい場合、低学年の場合などは

こちらをお勧めします。

ゲームをしながら読む力を鍛えることができます。

ただ、パソコンで使う際はそこまで気にならないのですが、

スマホから見る時は広告が多くて少し取り組みにくいかもしれません。

 

一月ほど前にサイトのリニューアルがあったのか、出てくるゲームの種類が変わりました。

質問に答えて、スゴロクのコマを進めていったり、他のキャラと競争したり、という内容になっているのですが、個人的には少し前までの、生徒同士で対戦できるパターンが

クイズ大会に出たような気分になって好きでした。

とはいえ、理由あってのチェンジなので新しい形を楽しみましょう。

ここでは、Classroom Gamesのところにはいろんな単語の他に、進行形、過去形、完了形、など文法に関わるゲームがあり、

Memory Game ー カードのマッチングゲーム

Sentence Monkey ー文作りの練習

など、いろんな種類のゲームが並んでいます。

 

このページでいいなと思うのは、単語のみの問題で始まったと思っていたら次第に

文章になり、必然的にたくさん読む練習ができる点です。

ただ、まだ字を読み始めたばかりのお友達は、文が長くなってくると一人で全部読むのは

大変なので横でサポートしてあげてくださいね。

 

例を挙げるとこんな感じです↓↓

(左)最初の方は絵を見て合う単語を選ぶ問題

(右)後半は、文章になり、何をしているところかを答える問題

  

 

Starfall (幼児〜小学校中学年)

 

こちらは英語の先生の中ではかなり有名なサイトです。

幼児〜小学校中学年くらいまでにおすすめです。

最初の画面で

kindergarten(幼児)かGrade1,2,3(小学1、2、3年生)

のページかを選びます。

フォニックスや絵本、右欄のゲームなど、共通の内容もありますが

算数などは、小学生ページではかけ算、割り算や分数が出てきたりとレベルが上がります。

 

このサイトは

ABCを初めて習うお友達から、絵本も一人で読めるくらいにレベルの上がってきたお友達、

英語で英語や算数を学んでみたいお友達にとても適しています。

数字の読み方、計算、歌、図形、パズル、プログラミング的な問題、

童謡、色、フォニックス、絵本、着せ替え遊びた単語クイズ、

右欄には様々なお楽しみゲームが並んでいます。

 

私はこのサイトを、フォニックスを学んでいる最中のお友達のオンラインレッスンに

よく使用しています。ABCの下にあるネズミの絵をクリックすると出てくる

フォニックスのマッチングによくトライしてもらいます。

右欄のお楽しみのゲームもみんな大好きです。

 

全ての機能を使うためには有料プランに登録する必要がありますが、

無料でも遊べるページも多いです!

ぜひ、開いて楽しんでもらいたいです!!

私の息子もこのサイトはすごく好きで、これで足し算や引き算をよくしていました。

 

以上、子どもたちがゲーム感覚で英語に触れられるサイトのご紹介でした♪

 

夏休みに、一人でも多くの子どもたちが、楽しく英語に触れられますように。

そして、力を伸ばしていけますように⭐️

 

次回は使えるアプリの紹介などできたらと思っています^^

 

では、皆様、コロナ対策をしっかりしつつ、

Have a wonderful day!!

 

 

http://www.ouchieigo.net/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%81%ab%e5%bd%b9%e7%ab%8b%e3%81%a4youtube%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81/

 

http://www.ouchieigo.net/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e7%b4%b9%e4%bb%8b/

英検5級対策動画集

教室では、英語の理解度が上がってきて、英検にチャレンジしているお友達も多くおられます。小学生、特に3、4年以降では読めるようになって欲しいことと、5級には基礎が詰まっているので小学生の間に一度はチャレンジして欲しいなと思っています。

英検にチャレンジすることのメリットとしては、

 

①目標を持って取り組むことで成長が加速する

②英検練習を通して読む力や理解度が上がる

③合格すると達成感や自信が得られる

 

といったプラスの効果があります。

ただ何となくレッスンの時だけ参加する、よりも得られるものが変わってきます。

 

ただ、受けるからには受かって欲しい。

そのためにできることはいろいろあるけれど、みんなが取り組みしやすいものって何だろう??

と考えて、英検5級用の対策動画でも作ろうかと思いつきました。

 

なので、こちらにできたものをどんどん上げていきますね^^

慣れてきて、読めるようになったら、音声を消して、自分で読む練習をしてみてください。

スラスラ読めるようになってきたら、お、力がついてきたぞ〜!!

って思って自分を褒めていきましょう(笑)

 

英検合格を目指して~英検5級・取り組み方法~

次回、1月にある英検合格に向けて、小学生・中学生のお友達が

取り組みを始めています。

教室を始めてから一年半。英語が読めるようになったお友達も増えてきました!

とはいえ、始めての英語検定試験。どうなるのか私もドキドキです。

 

さて、英検に向けてどんな練習をしているのか、少しご紹介しようと思います

 

英検5級の構成・合格基準

英検5級は、筆記25問、リスニング25問で構成されたマークシート方式の試験です。

答えを4つ(リスニング問題は3つか4つ)の選択肢の中から選んでいきます。

 

約6割以上正解すれば合格と言われていますが、採点方法が2016年度からCSE方式に

変更となり、各回の全答案採点後、統計的手法を用いてスコアが算出されているため、

受験者自身でスコアを算出することはできなくなりました。

合格基準は決まっているので、以下の表より高いスコアが出れば合格です。

出典:英語検定協会ホームぺ―ジ

 

新しい採点方式により、バランスよく得点できることが求められる

ようなりました。つまり、同じ正答数であっても、ある分野で全く点が取れていないと

スコアが下がってしまう、というわけです。

詳しくはこちらのページで解説されています。

 

英検5級でいえば、リーディングとリスニングと2技能のみで

合否が判定されます。よっぽどの偏りがない限り、

50問中32問正解していれば大丈夫かと思います。

 

英検5級のスピーキングテストって何?

筆記試験の後にある4・5級スピーキングテストは、検定を申し込んだ全員

が一次試験後に受けることができ、スピーキングテストとしての合否も出てきますが、

英検の合否自体は一次試験のみで決まるので合否に影響はしません

3級からは一次試験に合格した人だけが二次面接試験を受ける形に変わります。

4・5級のスピーキングテストは面接試験に先立ったよい練習になりますので、

英検を申し込まれたならぜひ受けてみられるとよいと思います!

ちなみに、これはパソコンやスマートフォン、タブレット端末を使って家で受ける試験です。

 

以下は英検協会ホームページにある例題。

上記の画面がでてくるので、パッセージを黙読→音読します。
その後、以下のような質問が3題出題されるので(音声のみです)その答えを吹き込みます。

 

級が上がるにつれ、次第に文章が長くなり、問題数や問題の内容

が変わってきます。

 

英検5級対策は何をすればいい??

書店にいけば、英検対策本、英検過去問、英検単語・熟語本、、、

たくさんの英検本が出ています。

さて、どの本を選ぶのがよいか、は受ける人の年齢や受験級によって

全く変わってくるので一言では言えませんが、一つアドバイスをするとすれば、

受験者本人が「これならできそう。続けられそう。」

と思えるものを選びましょう。

だって、いくらいい本を買ったとしても、使わなければ意味がありませんから。

 

教室の生徒さんには

リズムでマスター英検5級(彩の国総合教育研究所)という本と

過去問を練習してもらっています。

ただ、初めての英検。最初からできるわけではありません。

なので、過去問にあらかじめ正答を入れ込んだものを音読練習

してもらっています。

そして音読に慣れてきた後で、実際の答え抜きの過去問にトライしてもらいます。


 

この答え丸ごとインプット方式では、効率よく英検の問題に触れ、

また、成功体験を積むことができます。

最初から英検問題を渡して、解いてごらん、と言われたら

???が飛んで、分からない。。できない。。となってしまいかねません。

 

もちろん、ある程度同じような練習をした後は、まだしたことのない問題に

実際のテスト方式でチャレンジをしてもらいます。

 

英検を教えたことのある先生はよくご存知かと思いますが、

英検5級は単語が入れ替わっただけのような、似た問題がかなりの確率で出てきます。

なので、過去問2年分(6回分)くらいすれば十分でしょう。

力のついてきている子は1年分(3回分)でも大丈夫かと思います。

 

実はこの答え丸ごとインプット方式、私は英語の試験のみでなく

社会や理科とか問題でも、時間の節約のためにかなり使っていました。

問題集などを買って、パッと見て、あ、分からないものが結構ある!

と思ったら赤ペンで答えをすべて書き込み、赤シートで隠して

スラスラ言えるまで練習する。言えなかったものにはチェックを入れて

繰り返しそればかりやる、という感じです。

だって、分かんないものはいくら考えても分からないから時間がもったいなくて。

多いものにはチェックが5,6個付いたりしてました(笑)

 

でもこの方法、他の方の著書でも読みました!

誰だったかなあ。。でも東大か、京大か、

結構な学歴の方の学習法として紹介されてました。

私の英語のご師匠さんも言っていました。

 

「子どもに英検受けさせるのは簡単だよ。

英検の答えも全部入ったのを録音して、それを覚えればいいんだから。」

 

今回受ける皆さんには、私の声で恐縮ですが

過去問朗読を録音した音声をお配りしております。

 

みんな、私の声を聞いて頑張ろうね~!!

覚えるまで聞いてね~(笑)

 

最後に、これだけは試験前に覚えておいてほしいこと

英検に限らず、試験というものには合否が伴います。

合否によって一喜一憂があります。

 

結果よりも過程が大事です。

 

もし、思うような結果が得られなかったとしても、合格に向けて

努力した過程は、必ずその子の力となり、次に繋がっていくものです。

まずは合格を目指して頑張りましょう。取り組みのペースを決めて

進めていきましょう。読めるもの、分かることが一つでも二つでも増えていくように

しましょう。

 

そして本番。たとえ試験の結果が思うようにいかなかったとしても

そのがんばりを認めて、褒めてあげてください。

そうすれば、また次頑張ろうと思えます。

 

もし、できなかったことを責めたり、親の方が落ち込んだりしてしまうと

子どもたちも悲しくなったり、もう受けたくないな、って思ったりしてしまいます。

英検は年に3回。チャンスはたくさんあります!

子どもたちにとっては数あるイベントのうちの一つです!

なので、目標をもってがんばる子どもたちをしっかりサポートして

「お、今日も頑張ってるね!」

「スラスラ読めるようになってきたね!」

「前回より正解が増えてすごいね!」

と、子どもたちのやる気のでる言葉をかけてあげてくださいね。

 

 

英検の過去問は、英語検定協会ホームページで

過去1年分はダウンロード出来るようになっています。

リスニングの音声や、読み上げ原稿までダウンロードできます。

次回の試験は2019年1月27日。

申し込み締切は、コンビニ・インターネットでは12月26日です。

英検は年に3回(6月、10月、1月)あります。

詳しくは英語検定協会ホームページをご覧ください。