KiminiとNativeCamp英会話体験でやってしまった失敗談。。

どんなオンライン英会話があるのかな?

 

自分の英語力も上げたいし

子どもの英語力も上げてあげたいし

とりあえず無料体験がたくさんあるから受けてみよう!!

ということで時間がある時に受けてみてるのですが。。。

 

あ~~やってしまった。二度目の失敗。

 

自動更新の前に解約し忘れました(´Д`)

 

オンライン英会話の種類によっては、

無料体験期間が長い代わりに、体験申込時にカード決済の手続きがあり、

解約手続きをしない限り無料期間が終わると自動的に継続となって

カード引き落としが始まってしまいます。

 

こんなに長い間ただで受けていいの??

って思っていましたが

世の中には私と同じようにうっかり期限を過ぎてから気づく人がいるのでしょう。。

 

一回目はkiminiのレッスン。

実はこちらのレッスンは、同じことを結構繰り返し言わされるので子どもたちが

飽きてしまって、受けてくれなくなったので(まじめなお子様には向いていると思います!)

一か月無料期間がありましたが、回数多くは受けませんでした。

しかも、上の子が受けてくれなくなったので途中から弟くんに頑張ってもらってみたけれど

こちらも同じく同じことを繰り返し言わないと先に進めてもらえないのに

飽きてしまったようで。。

まあ、性格の問題かな。

とはいえ、もう少し臨機応変にその際は他の事をしましょう♪

といった対応ができるシステムになっていたらよかったのでしょうが。

そしてレッスンを受けなくなったまま、解約するのを忘れていました。。

 

 

この経験があったので、今回同じような手続きを踏んで

一週間の体験をしていたネイティブキャンプ。16日が解約締切日だというのは

すご~~く覚えていたんですが

私の体内時計がずれていました。。。

 

最後にどなたかネイティブさんとレッスンしてから解約しようと思っていた

その日はすでに17日。私の頭の中では16日。

カレンダー一枚めくるの忘れてたらしいです。

 

まあ、今回は子ども主体でなく、私が申込をしていた分なので

せっかくだからいろんな人とお話しよう!!!と気分を変えて

お話したのが南アフリカ共和国の先生。

 

ものすごく社会の勉強になりました。

 

南アフリカでは英語が母語みたいになっていて

公用語が11あって

小学一年生から3か国語を習うんですって。

英語と、部族毎の言語と、Xhosaという、南アフリカとジンバブエで公用語とされている言葉。

 

かつてイギリスの植民地となっていた南アフリカとジンバブエ。

南アフリカはネルソン・マンデラの死去後また荒れていて、今も

危ないところは危ないそうで。

ジンバブエは白人が握っていた政権を黒人のナショナリストが争いの末に

手にしたものの、黒人政権があまり政権運営能力をもっていなかったため

国が腐敗して、多数のジンバブエの国民が南アフリカにやってきて大変だったのだと。。

 

2017年にクーデターによりムガベ大統領が辞任したというニュース。

そうか、あの話のことだったんだ。。

なんか世界が繋がってきた。。

 

Author: konoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です